筋トレに効くクレアチンを飲むタイミング

クレアチンを飲むタイミング

 

クレアチンが筋トレに効果があることは皆さんご存知ですよね。

 

クレアチンを使い始めると、クレアチンはもう手放せません!(笑)

 

だって、クレアチンを使うと疲れ知らずでずっと筋トレできますからね。

 

知っていると思いますが、クレアチンは筋肉内のエネルギー貯蔵庫ATPが空になった状態のADPへ
エネルギーを補充する役割を担っています。

 

この役割が非常に重要で、筋肉は基本的にエネルギーが無いと動かないので、
筋肉へエネルギーを補充しないとどんどんエネルギーが失われて行って筋トレできなくなります。

 

それを解消するのがクレアチンですね。

 

さて、その気になる飲むタイミングは?

 

 

筋トレする日なら、筋トレの前と筋トレ中、後に飲みましょう。
こうすることで、筋肉に絶えずクレアチンからエネルギーが送られ、筋肉のパフォーマンスが常にマックス状態に保たれます。

 

よって、筋肉の効果が最大化し、筋トレ効果が高まります。
また、筋肉の質がどんどん良くなっていくので、10kgのダンベルが12kgになったりと、より高負荷なトレーニングを行うことができます。
また、クレアチンは糖と一緒に吸収されやすい性質を持っているので、糖質を含むサプリが一緒だとなお効果があります。

 

あと、トレーニング後にもある程度飲んでおきましょう。
プロテインなどの筋トレサプリに糖が含まれているので、一緒に飲むと効果が高いです。

 

筋トレしない日ならば、おすすめは食事後です。
クレアチンはインスリンというホルモンによって筋肉へ運ばれます。
インスリンは糖を摂取した時に分泌されますので、糖と一緒に摂取するように心がけましょう。

 

食事にはだいたい糖質が含まれているので、食事後にクレアチンを飲むと吸収率が高まってグッドです。

 

損なクレアチンも速く買わないと品切れになるかもしれません。
毎月在庫少ないですからね。

 

クレアチンはここからの購入がおすすめ

筋トレに効くクレアチンを飲み方

筋トレに効く成分として、クレアチンは既に有名ですよね。

 

でも、クレアチンを知らない人もいると思うので、一度おさらいです。

 

クレアチンとは

クレアチンはアミノ酸の一種で、体内のリン酸塩と化合してすぐに利用できるエネルギー源になります。

 

筋肉を動かすにはエネルギー多不可欠ですが、そのエネルギーを貯蔵しているのがATPという物質です。
ATPがエネルギーを放出するとADPという物質に変わります。
ADPがエネルギーを補給すると、ATPへと変化します。
そのため、安静時はエネルギーが不足することはありません。

 

しかし、ハードな運動の時には、ATPからエネルギーが抜けてADPへと変化する反応が多くなるため、
体内に貯蔵されていたエネルギーがどんどん減っていしまいます。

 

この時クレアチンを摂取すると、足りなかったエネルギーが効率的に補充されます。
だから、筋肉がよりハードな負荷に耐えられるようになったり、持久力、回復速度がアップするわけです。

 

難しい話になってしまいましたが、要は、クレアチンをガンガン飲めば、
今までダンベル7回しか上がらなかったのが10回上がるようになるということです。

 

そのため一度の筋トレの負荷が上がるため、筋トレの効果を上げ、筋トレの時短にもなります。

 

このように、クレアチンは筋トレにおいて非常に重要な役割を持っています。

 

では、気になる飲み方ですが・・・

 

クレアチンのベストな飲み方

おすすめは、小分けにすることです。
クレアチンを一気に飲むと、お腹が緩くなって下痢になる人がいます。
それを防ぐために、一回2〜3gを何回かに分けて、クレアチン自体が5000mgになるように摂取しましょう。

 

タイミングは食事後とトレーニング後です。
クレアチンはインスリンというホルモンによって筋肉へ運ばれます。
インスリンは糖を摂取した時に分泌されますので、糖と一緒に摂取するように心がけましょう。
プロテインには吸収を助けるために糖質が配合されているものもあるので、トレーニング後にプロテインと一緒に飲むと良いです。

 

 

クレアチンはサプリで飲もう!

クレアチンは肉・魚などのたんぱく質を多く含む食品に含まれていますが、
運動前にこれらを食べてしまうと、お腹が膨れて運動自体の効率が落ちます。

 

また、一日に必要なクレアチンの摂取量は3000mg〜5000mgです。
お肉にすると、約1kg。そんなに食べれないですよね・・・。

 

クレアチンの飲み方とタイミングと副作用

 

「じゃあサプリで摂ろう!」と考えたあなた。
要注意です。

 

今売られている市販のサプリメントだと、クレアチンの含有率が低く、毎日大量に飲まないといけません。
↓こんなに飲めますか?

 

クレアチンの飲み方とタイミングと副作用

 

 

そこでおすすめなのがクレアチンアルティメイトというサプリです。

 

 

クレアチンアルティメイトなら1日1包(6g)飲むだけで5000mgのクレアチンを摂取できます。

 

クレアチンの飲み方とタイミングと副作用

 

だから、いつものトレーニングの前後に飲むだけで身体が筋トレモードになり、
いつもより重い負荷で少しだけ筋トレするだけでも数十倍の効率で筋トレできます。
さらに、代謝が上がって脂肪が燃えやすくなり、筋肉アップ+痩せやすくなって最高の身体を手に入れることだってできるのです!!

 

先ほどの口コミにも合った通り、その効果を実感している人は数多く、クレアチンアルティメイトの効果は間違いないと思います。
本当に試してみるべきです。人生変わります。
試した人の93.8%が実感しているというのも本当だと思います。

 

クレアチンの飲み方とタイミングと副作用

 

他にも、クレアチンアルティメイトには、BCAAやアルギニンなどを配合していたり、
安全にもこだわって製造していて、安心して購入です。
クレアチンの飲み方とタイミングと副作用

 

このクレアチンアルティメイトは一般販売されておらず公式サイトでしか買えません。
毎月先着300名限定で初回無料キャンペーンをやっているのですが、いつもすぐなくなってしまいます。
もし購入に迷っているならここからすぐに購入してください。

 

クレアチンはおすすめ!購入すべき!

クレアチンに副作用があるというのは大嘘!

「クレアチンを飲むと腎臓や肝臓に悪い」、「腹痛を引き起こすことがある」、「けいれんや脱水を引き起こす」、「体重が増える」

 

普段トレーニングをしているような人なら少なからずこのようなうわさを聞いたことがあるでしょう。
ではこれらのうわさは本当なのか?

 

クレアチンの研究は特に米国で盛んにおこなわれており、膨大な研究データがあります。
それらから得られている最新の情報をわかりやすくお伝えしたいと思います。

 

せっかちな人のために結論を先に書いておくと、クレアチンの副作用は無い、です。

 

クレアチンを飲むと腎臓や肝臓に悪い→ウソ

米国ではこの点について膨大な研究がされていますが、長期間にわたってクレアチンを摂取しても、腎臓や肝臓に悪影響があるという結論には至りませんでした。

 

なぜこのようなうわさが流れているかは不明ですが、たんぱく質を処理するのが肝臓や腎臓なので、大量に摂取するとそれらの臓器に負担がかかってよくなさそうというイメージがついたのかもしれません。

 

また、クレアチンの場合、クレアチンが代謝されるとクレアチニンという似た名前の物質が生成されます。
このクレアニチンは腎臓機能の評価にも使われていて、クレアチンを摂取している人のこの値が高くなることから変なイメージがついたのかもしれません。
ですが、全く体にとって害はないので安心してください。

 

腹痛を引き起こすことがある→稀になる人もいる

これは微妙なところで、大量に摂取した場合につき、ごくごく稀に下痢になる人がいます。
クレアチンの摂取により、腸内の浸透圧が高くなることで、浸透圧性の下痢が起きることがあります。

 

ただ、確率としては低いですし、基本的には心配するほどのことではありません。

 

心配な人は、一回の摂取量を2g以下にしてください。
それなら下痢が起きることはありません。

 

けいれんや脱水症状を引き起こす→ウソ

クレアチンがけいれんや脱水を引き起こすことを示すデータは無いです。
むしろ、体内の水分を保持するので、脱水にはなりにくくなります。

 

けいれんについても、クレアチンがそれを引き起こすデータはありません。

 

体重が増える→人による

体重が増えるというのは、たいていの人は増えます。
なぜならクレアチンを飲む人は筋トレしているから。
筋トレしてクレアチン飲んで体重増えないのは筋トレとして失敗してます。

 

なので、これを気にしている人は、おそらく健康のためにクレアチンを飲んでいる(飲もうとしている)トレーニングをしない人でしょう。
これについては、摂取量が少なければ体重が増えることはありません。

 

量については体質にもよるので何とも言えませんが、1〜2週間くらいかけて調整してみてください。

 

クレアチンを安く手に入れましょう

クレアチンはここから手に入れることができます。
クレアチンはおすすめ!筋トレへの効果絶大な理由と今話題のサプリ紹介