クレアチンとは

クレアチンとは?

クレアチンって何?

クレアチンとは

 

クレアチンは、アミノ酸の一種で、肝臓や腎臓で合成されています。
ほとんどが筋肉や骨格内の細胞で合成されています。
通常は、リン酸塩というリンと酸素が化合している物質と反応することで、すぐに筋肉で活用できるエネルギーとなります。

 

筋肉内に存在しているため、エネルギーがすぐに筋肉で利用できるわけですね。

 

平常時であれば、1日に消費する量は2gです。

 

筋トレする人であれば、肉や魚も食べるでしょうし、そういう食品の中にたくさん含まれているので、不足することはあまりないですね。

 

 

一般的にクレアチンを摂取すると筋肉がつきやすくなると言われますが、それはなぜでしょうか?

 

実は、クレアチンは筋肉の材料にはなりません。

 

クレアチン単体では、どう頑張っても筋肉に吸収されて筋肉として合成吸収されることはないわけです。

 

じゃあ摂取しても無駄?というと、それがまた違うわけです。

 

筋肉を大きくする要素は3つあります。

 

筋トレ 栄養 休息

 

この3つのどれが欠けてもいけません。

 

そして、それぞれの質を高めていくと筋肉がつきやすくなるわけです。

 

クレアチンを摂取すると、3つのうちの1つ、筋トレの質がグーンと上がります。

 

なぜなら、冒頭で説明したように、クレアチンは筋肉にとってのエネルギー源です。

 

通常、筋トレしていると、だんだん疲れてきて負荷を軽くしていかざるを得ませんよね。
そうすると、筋肉にかかる負荷が減ってしまって、筋繊維を効率的に壊せなくなります。
これが筋トレの質の低下です。

 

ところがクレアチンを摂取すると、筋肉にエネルギーが送られるので、負荷を落とすことなく、最大パフォーマンスで筋トレし続けられます。

 

これがクレアチンの最大の効果です。メリットです。

 

ビルダーやアスリートは常に自分の身体を苛め抜き、昨日より今日、今日より明日のパフォーマンスを高めたいと思うわけなので、
クレアチンを摂取します。

 

皆さんもクレアチンを使って筋トレしませんか?
クレアチンのおすすめサプリ!